地球温暖化net
お問い合わせリンク地球温暖化net

その他温暖化対策

地球温暖化は、化石燃料によって発展を遂げた現代文明が始めて遭遇した地球規模での環境問題です。そのため、温暖化対策として考えられている手法は有効なものから効果が疑わしいものなど千差万別にあるといえます。ここでは、温暖化対策として挙げられている方法の幾つかを紹介していきます。

様々な温暖化対策を知る

地球温暖化への対策は、「温室効果ガスの排出量削減」が基本になっているといえます。多くの場合、「温室効果ガス=二酸化炭素」として扱われるため、温暖化対策は「二酸化炭素をどのように減らすか」に焦点が当てられています。

二酸化炭素埋蔵法

石油などの化石燃料の厄介な所は、古代の生物が封じ込めていた二酸化炭素が現代に開放されるということにあります。この性質こそが、二酸化炭素を温室効果ガスの代表格に押し上げている原因なのです。つまり、「化石燃料から発生する二酸化炭素の隔離」が出来れば、高い地球温暖化の抑制効果が得られるということになります。このような、化石燃料の燃焼で発生した二酸化炭素を廃坑や海底に埋蔵し100年単位で封印する「二酸化炭素埋蔵法」が日本などで計画されています。

二酸化炭素減量への取り組み

現在、温暖化対策の中心となっている二酸化炭素の排出量削減は、「カーボンオフセット」「カーボンニュートラル」という考え方が主流となっています。これは、社会全体の二酸化炭素の排出量と自然の二酸化炭素の吸収量をプラスマイナスゼロにすることを目標とするものです。伐採後の森林への植林やケナフなどの二酸化炭素の吸収量の多い植物の栽培を行なったり、植物由来のバイオ燃料を自動車に使用したりといった方法が取られます。この方法は、二酸化炭素の排出量を削減するのではなく総量の増大を抑えることを目的としているため現状維持になりがちなのが問題といえます。

再生可能エネルギーへの転換

日本における電力供給の大半を化石燃料による火力発電が占めているのは、二酸化炭素の排出というデメリットよりも効率の良さというメリットが強いということが言えます。この火力発電のシェアを、二酸化炭素を排出しない発電方法に切り替えることが出来ればこれ以上有効な温暖化対策は無いといえます。そこで注目されているのが「再生可能エネルギー」です。再生可能エネルギーとは、太陽光や風力などの永続的に使用できる自然現象やバイオマスのような生物由来の資源といった、再生量が使用量を上回る種類のエネルギー源のことです。再生可能エネルギーの難点は、発電効率が他の発電方法に比べて余り高くないことで、導入コストが高くつくなどのデメリットの改善が待ち望まれています。

太陽光を遮断する

地球温暖化は、地球に降り注いでいる太陽光によって発生した熱が冷めにくくなることで起こる現象です。逆に言えば、地球に降り注いでいる太陽光の量を減らすことが出来れば二酸化炭素の排出量削減を行なうことなく、地球温暖化を抑制することが出来るということになります。太陽光の量を減らす方法として考えられているのが、「厚い雲の元となるエアロゾルを人工的に発生させて太陽光を遮る」「巨大な鏡を取り付けた人工衛星で太陽光を反射する」などの案です。しかし、これらの方法は実現の難しさなどもあって実行に移す段階には無いようです。

地球温暖化
<a href="http://chikyu-ondanka.com/" target="_blank"><img src="http://chikyu-ondanka.com/img/banner.gif" alt="地球温暖化" width="88" height="31" border="0"></a>

地球温暖化net

<a href="http://chikyu-ondanka.com/" target="_blank">地球温暖化net</a>

広告掲載