地球温暖化net
お問い合わせリンク地球温暖化net

大気汚染

空気は水や食べ物と同じくらいに重要な、人間が生きていく上で欠かせないものの一つです。しかし、人類社会は大事な大気中に有害物質を撒き散らしながら発展するという矛盾した行為を行なっているのです。ここでは、地球温暖化に関係する大気汚染について解説していきます。

大気汚染と温暖化

大気汚染は、空気中に有害な物質が放出されることで起こる環境問題の一つです。有害物質の多くは、石炭や石油などの化石燃料の燃焼によって生じたものです。火山活動によって生じる火山灰なども大気汚染の原因となります。

石油の性質

結論から言えば、石油製品の燃焼が大気汚染の直接の原因となっています。石油は安定した火力が得られるため、工業用の燃料として非常に優れた性質を持っているといえます。しかし組成の段階から硫黄などが成分として含まれていること、燃焼の際に空気を送り込むため窒素酸化物が発生しやすいこと、主成分の炭化水素が燃焼によって多量の二酸化炭素を発生させるなどのデメリットを抱えているのが最大の問題といえます。

石油による大気汚染

石油を原因とする大気汚染は、「煙突が何本もそびえ立つ工場から出る黒い煙によって起こるもの」というイメージが根強いと思いますが、実際には私たちの身近にある自動車も大気汚染の一因となっているのです。自動車のガソリンエンジンは、燃焼の際に空気を圧縮して取り込むため窒素酸化物が発生しやすい性質があります。トラックなどの大型車に使用されているディーゼルエンジンは、硫黄が含まれている軽油が使われているため窒素酸化物に加えて硫黄酸化物が発生するというデメリットを持っています。また、ディーゼルエンジン車用に灯油を混合して作られる不正軽油は、副産物の硫酸ピッチによる土壌汚染や不完全燃焼による汚染物質の増加などが問題視されています。

自然による大気汚染

大気汚染は人的原因だけによって起こるものではありません。場合によっては自然が大気汚染を引き起こすことがあります。自然による大気汚染の原因としては、自然発火による山火事や火山活動などが挙げられます。特に火山活動は、火山灰を撒き散らすだけでなくマグマに含まれる硫黄成分から硫黄酸化物が発生させるため、かなり厄介であるといえます。

地球温暖化への影響

大気汚染の多くは、化石燃料の燃焼によって発生した汚染物質によって起こります。化石燃料は、太古の動物や植物が体内に蓄積していた炭素や二酸化炭素が形を変えたものなので、燃焼することによって地中に封じ込められていた二酸化炭素を大気に放出することにも繋がってしまうのです。

汚染対策

大気汚染の難しいところは、「汚染物質が微粒子状になって空気中に拡がっている」ということにあります。汚れている部分の空気を掬い取ればいいというような簡単なものではないのです。そのため、大気汚染の対策としては「エンジンや排煙設備に汚染物質除去装置を取り付ける」という方法が取られます。もしくは、燃料そのものをバイオ燃料などの汚染物質の少ないものに代替していくという方法も有効です。

地球温暖化
<a href="http://chikyu-ondanka.com/" target="_blank"><img src="http://chikyu-ondanka.com/img/banner.gif" alt="地球温暖化" width="88" height="31" border="0"></a>

地球温暖化net

<a href="http://chikyu-ondanka.com/" target="_blank">地球温暖化net</a>

広告掲載